横浜センチュリー

📰Side Beach Journal
下層ページタイトル背景

Twitter

Twitter 一覧

Twitterを使う上で意識した方が良い”信仰対象”の選定<1>

日本という国には日々罵詈雑言を飛ばし飛ばされ、回覧で信仰心を確かめ合い、同町圧力と理論で正当化した暴力によって日々戦争が発生するという魔界が存在した。
決して現実世界で物理的に存在するわけではなく、電脳空間にのみ存在する魔界。
人はそれを『Twitter』と呼んだ。
Twitterには時に匿名一般人アカウントでありながら異様にフォロワー数が多い者がおり、それは『アルファツイッタラー』と呼ばれ、時に信仰の対象となり、時に軍団(フォロワー)を率いて他国(他アカウント)へ侵攻することもあった。
アルファツイッタラーに付き従う従者は『ファンネル』と呼ばれ、主の言うことには盲目的に従うのであった。

誰しもが魔王になり得る

「覚えておくがいい。誰しもが魔王になりえるということ。」
これはライブ・ア・ライブでプレイヤーに敗れた主人公(オルステッド)の最期のセリフだ。
思えば「最後に倒すべき敵が主人公」というのがライブ・ア・ライブの衝撃的な結末なんだが、それにしてもツイッターでは「自分が魔王化していることに気付いていないアカウント」というのはいる。

例えばフォロー数約600、フォロワー数約5900人いるこのアカウントは、ネットフェミニズム活動を行うアカウントだ。
妻が亡くなって悲しみ、もっと妻に手を差し伸べて上げるべきだったと懺悔するアカウントに対し、追い打ちをかけるようなツイートが別の女性から糾弾されていた。
見ると「甘えんじゃねぇよ」の発言に対して65リツイートもついている。
これが所謂Twitterで「ファンネル」と呼ばれる従者の姿である。
『のび』のツイートが批判されたとき、このように「人が亡くなったんだからこのくらいの罵倒はよくあるよ」と言ったわけだが、客観的に見れば流石に無理のある養護である。
この『のび』というアカウントは過去に虐めにあった過去があるようで「人間扱いされなかった」と言ったツイートがある。
そして真の自由を求めてフェミニズムの世界に足を突っ込んだものの、正に「魔王退治に出かけたつもりで魔王になってしまっていた」という事態が起きている。なお、この現象は政治思想の左右問わず起きていることで、ある種の宗教的心理によってフォロワーが動いていくと言っても良い。
こちらが百田尚樹氏のツイート。この人は実名だが、かつて年金機構の所長がこれに似たツイートをしてフォロワーが伸びたことで気持ち良くなってしまい、身バレしてニュースにもなる事態があった。
Twitterでフォロワーを伸ばすことの秘訣は魔王を設定し、その魔王と戦う勇者、ヒロインを演じること。その実は単に魔界の住人同士で争ってるに過ぎないのだが、フォロワーを集めた者もフォロワーになって盲信する者もそこには気付いていない。いたって過激な人がフォロワーを伸ばしやすく、かつスマートフォン時代においてTwitterは崇拝する者/される者をハッキリと分けた面がある。
案外Twitterをやりながらバランス感覚を維持するのは難しく、Twitterが思想を純化するツールであることを理解しないと、Twitterを使いこなすどころか「Twitterに使いこなされる」ようになってしまうのだ。

≫ Read More

Twitter   2019/10/27   センチュリー・大橋

<-宇崎ちゃん献血論争->ツイフェミが迷惑原稿用紙6枚と電凸:迷惑極まりない

宇崎ちゃん献血ポスター事件は意外と大きな事態に発展しており、既に赤十字に対する電凸攻撃も行われた。
町山智浩氏曰く「表現の不自由展みたいになっている」とのことだが、まさにやっていることは松平美濃守と同じ「気に入らいない表現に対する電凸攻撃」だ。
では実際にどんなことが行われたのか、当の本人のツイートを見てみよう。

原稿用紙6枚に纏めた⇨纏めて6枚という迷惑

まずここで最初に私の相互フォロー者が注目したのは「原稿用紙6枚に私の主張を纏めた」というポイントであった。
「原稿用紙6枚使ってる時点で何も纏まってなくない?」
そんな突っ込みが寄せられている。更に電凸攻撃をしたこと自体、やっていることは町山氏の指摘する通り、あいちトリエンナーレの再現なのだ。
尤もトリエンナーレと違い、こちらは規模が小さいために大きなうねりを呼ぶことはないだろうが、原稿用紙6枚も書く時点で本当にお暇な人である。

目立つ様に貼られてはない⇨つまり意識してマジマジと見た証

町山氏が引用したツイート元を見ると、今回のポスターは目立つ様に貼られたものではないことが示されている。
つまり、今回のツイート主はマジマジと宇崎ちゃんポスターを見ていたということになる。
重要なのは「万人がそのポスターにアクセスするわけでは無かった」ということだ。日本赤十字社は可能な限りの気を配ったということになる。
また、もし太田弁護士の言うように「環境型セクハラ」になるとなったら、寧ろ現場の人間が反対の声を上げていただろう。
「部外者の男性とやりあうだけ無意味です。平行線なので。」とのことなので、日本赤十字社には「御社のやったことに問題は無いですし、もし今後機会があればブシロードさんとのコラボも是非ご検討ください」というメールを送っておいた。

献血は近年、Fateとコラボしたものもあったし、TVアニメ「働く細胞」とのコラボもしている。それだけ血液が不足していることは容易に想像がつくし、現場はそれだけ命を救う活動に尽力している中、それに水を差すようなことをして何になるのであろうか。だいたいからして「金を払わない客ほど文句を言う」というのはよくあることで、彼女(?)が本当に献血をしてきたお得意さんか疑問だ。
かつてファミリーマートが支援の一つとしてマナー講座をやっていたが、百田尚樹がお辞儀の仕方が韓国式だとか言ってクレームを出していたことがあった。今回のケースを見ると、果たして彼女らは百田尚樹と何の違いがあるのやら。
Twitterは極めて蛸壺化しやすいSNSであり、ハマればハマるほど思想は過激になる。
ハンドルネーム:飛翔する蛸壺。
蛸壺化したTwitter社会の中、アニメポスターを叩くことで、心は空を飛んでいたのかもしれない。

≫ Read More

Twitter   2019/10/22   センチュリー・大橋

Twitter不具合大発生!:「#Twitterサービス終了」が騒がれる

溝の口:カラス

10月2日、Twitterで大規模障害が発生したことが、Twitterで大きな波紋を呼んでいる。
「遂にTwitterサービス終了か!?」という声も出たが、現在のところ復旧作業中のようだ。
iPhoneアプリやYandexブラウザからの投稿はできるため、特定の環境下でのツイートが出来ない様子だ。

Twitterジャパンの公式アカウントによれば、障害は一度復旧して再度発生したということになる。
15時13分頃に投稿した「現在は復旧しました」のツイートの後に、写真が投稿できないであるとか、コメント付きリツイートが出来ないと言った苦情が寄せられている。
その後17時43分に「再び障害が発生した」とツイートしているが、恐らく収まってはいないままであったと思われる。
その中でも「詫び石はよ」のリプライが公式アカウントに送られ「ゲームじゃないんだから」のツッコミがあるなどのツイッタランドらしいやり取りが繰り広げられていた。

Windows10のTwitterアプリから投稿が出来ない。
「もしやアカウント凍結か?」
と焦ってiPhoneアプリからサブアカウントを見てみると、まだそこに住民として存在している。

もはや殆ど日本が唯一の稼ぎどころであるTwitter。
恐らく今も赤字から脱却できていないであろうことを考えると、いつかはサービス終了してもおかしくないのかもしれない。
果たしてTwitterに未来はあるのか。意外に先行きは不透明なのかもしれない。

 

≫ Read More

Twitter   2019/10/02   センチュリー・大橋

過激な人が集まるTwitterはネット社会の掃き溜めなのか

噂というのは訳の分からないものが流れることがあるもので、先日は私が所有するTwitterアカウントを私がイジメているという噂が立っているのを見てしまった。運用方針を定め、私が管理しているTwitterアカウントに対して何故私がイジメてるという噂が立つのかわからないが、それししてもTwitterユーザーというのはなかなか過激な人が多いなというものは、よくよく考えさせられる次第である。いったいなぜTwitterユーザーには過激な人が多いのか。今回はそれを考えてみたい。
 

2ちゃんねるの上位互換

Twitterはよくよく2ちゃんねるの上位互換とも言われることがある。
・2ちゃんねるは長文が嫌われる
・だから140文字制限がちょうどよかった
・加えてアイコン登録もできるから移住先になった
こんなところなのだろうか。
2ちゃんねるとの違いはコテハンが基本で実名アカウントもいることだが、この実名アカウントもまた2ちゃんのノリでやる人が少なくない。例えば丸山穂高であるとか堀江貴文とか。この2ちゃんのノリが人気の理由なのでもあろうが、総じて過激な人が多いのは確かであり、また過激さが求められるという風潮が感じられる。

村社会/先鋭化をしやすいSNS

同時にTwitterの恐ろしさは村社会化を起こしやすいSNSであるということ。
ミュートやブロックリストで嫌な人をシャットアウトできることが一つの利点だが、一方でフォローしている人間のタイムラインの更新がかなり速い。言ってしまえば、Twitterは瞬発力を要求されるSNSなのだ。
個人的に政治アカウントで600人くらい相互関係を結んでいるが、その600人全部を追うのは不可能だ。そして高速で流れるタイムラインを見ていくうちに、だんだん思想が先鋭化されてくる。これがある意味おっかないところかもしれない。

他のSNSではTwitterのようなノリは通用しない

サブSNSとしてInstagramとCTimeをやっている私だが、やはりTwitterの空気は独特だ。
何と言っても喧嘩を見ることがない。ゼロではないだろうが、多く見かけることはない。そのそも2ちゃんのノリでできる雰囲気ではないし、入力できる文字数が多いことも原因としてあるのかもしれない。あくせく他の人のタイムラインを高速で見ないといけないわけでもない。その分、思慮しながら見れることもあるのかもしれない。
或いはTwitterの引用リツイートが、ある種の喧嘩やイジメに使う手段になっているのもあるのかもしれない。
「ファンネル」などという言葉があるが、これはフォロワーの多いアカウントが喧嘩相手にフォロワーをけしかけるとき、一緒に尊師の敵を叩きに行く様がサザビーやキュベレイの「ファンネル」に例えられている用語だ。これも恐らくTwitter独自用語であろう。
こうした治安の悪さが目立つSNS、それがTwitterである。
それはまるでSNS界の掃き溜めのように、今日もどこかで罵詈雑言が繰り広げられるのである。

≫ Read More

Twitter   2019/08/19   センチュリー・大橋
PAGE TOP