横浜センチュリー

📰Side Beach Journal
下層ページタイトル背景

職業考察NEWS

DESCRIPTION

コロナ不況で進むかもしれないフリーランス離れ:会社員への回帰現象

新宿都庁前(働き方:フリーランス離れ)

コロナウイルスは今や世界中に万円し、既に北半球の多くの国で市中感染のフェーズへと突入した。
市中感染が本格的に進んでいく中で各国が有効な対策を取れない中、イベントの自粛要請が成され、安倍内閣の数少ない成功例と海外から評価されたインバウンドも無くなり、不況の闇が日本を覆う。
日経平均こそ25日時点で19,546円まで回復したものの、一時的な反発と見る意見が多い。
日銀の株買いによって強制的に底上げされた株価は決して日本の実態経済を反映しておらず、配当が終わればまた下落するという見方が強い。
そんな中、多くの国民が関心を寄せているのは生活補填の支給が国から出るのかということだ。
コロナで消費が控えられる中、減った収入の補填が成されるのかということに、世間は大きな注目を寄せている。

働き方も変わってくる

コロナウイルス以前は「雇われない生き方をしよう!」ということでフリーランスという働き方がかなり持ち上げられた。
特にエンジニア界隈ほど顕著で「プログラミングできるようになって自由な働き方をしよう!」というのは日常的に目にする謳い文句であった。
この「自由な働き方」という言葉は聞こえは良いが、自由というものには「責任もセットになる」というのが基本だ。即ち自由な働き方を出来る分、自己責任になる要因というのも大きなものになる。
そしてフリーランスという働き方をする人達にとって、最大の難関が襲ってきたのが今このタイミングである。
なんと言っても疫病で色んな事業が打てない状態にあるのだから、必然的に仕事の総量が減ってしまう。日立が25日まで従業員1000人を自宅待機にさせたように、ややもすれば事業所ごと閉鎖するような企業も出てきよう。この渦中において、労働法規に守られた会社員の方が少ない不安で生活できることは確かだ。
勿論このような事態になっても仕事があるフリーランスは沢山いるだろう。ただし、この事態を前に仕事が減少、あるいは案件とん挫となったフリーランスもいるであろうから、そうしたフリーランスの中にはこう思う者もいるかもしれない。

「やっぱり会社員は最強だな・・・」と。

令和新時代:再び会社員の時代に回帰する

新型コロナウイルスの影響はまだまだ年単位で続くだろう。季節的に話題が収まることがあっても、また冬になったら再燃する可能性がある。
そうした中で、令和新時代は凡そ再び会社員が強い時代に戻るのではなかろうか。
確かにITバブル以降、雇われない働き方というのはもてはやされるようになってきた。PCとネット環境が繋がれば確かに仕事するのに場所は選ばなくて済むし、何よりクラウドワークスやココナラを使って仕事を獲得するフリーランスは多くなった(ただしクラウドワークスやココナラは単価が安いが)。一定数の売上を達成してきたフリーランスは特に不自由のない生活を送ってこれたのかもしれない。
しかし、コロナウイルスによる不況はこれまでの常識を覆し、一転してRADWIMPSのような大物歌手でさえ不安へと陥れる事態になっている。
ここで再び会社員というものの働き方が見直され、就職していく人が出てくるだろう。また、今後は大手への就職が一層人気の出ることは避けられず、就活・転職は完全に買い手市場へとシフトしていくと考えられる。
果たして今のフリーランスがどれだけフリーランスのまま持ちこたえられることができるだろうか。或いは会社員へ戻ることを考えるであろうか。
コロナ騒動は今後の働き方を変えるターニングポイントになるであろう。少数の大手企業やホワイト企業を巡り、熾烈な競争をすることになり、片一方でブラック企業はこれまで以上のブラックな働き方になる、などという未来が起こるのではなかろうか。

≫ Read More

職業選択   2020/03/25   センチュリー・大橋

キャリア形成は25歳までに生きる「方向性」を決めた方が良い

転職の多い人は時折「人生色んな経験をした方が良い」という言葉で自身の転職の多さを正当化することがあるが、少なくとも日本社会において、転職の多さは自滅への道を歩む危険な要因だ。
確かに学生の内のアルバイトとしては色々経験しておくことも悪くはないのだが、一度就職してジョブショッピングを繰り返すと、結局何も専門性が身に付かないまま貧困コースが確定である。
そうならない為にはどうすれば良いか。そこを考えてみよう。

業種か職種は固定するのが基本

転職が上手く行っている人の話を聞いていると、ある傾向に気付かされる。それは職種か業種に一貫性があるということだ。
例えば自動車ディーラーで整備に関わっていたとしよう。この場合、職種としては技術職であり、業種としては車である。さて、ここからの転職に当たって上手く行くにはどうすれば良いのか。ここは「エンジニアとして生きたい」のか「自動車に関わって生きたいのか」という方向性を打ち出しておくことが大切になる。

今の会社で整備士として働いていたなら、自動車整備の経験を生かしてより収入がアップできる会社へ機械系エンジニアへの転職が良いのかもしれない。
車に関わりつつ、整備士として得た経験を他の職種に転用したいなら、例えば営業職として自らの知見を基に顧客へ最適なアドバイスができるようになるだろうし、或いはメーカーで機械学習の道に進むと言った選択もある。実際、整備士から機械学習運用担当に転身した人がいたが、そこに至るまでの途中経過の職歴を聴いても「自動車に関わる」という点については一貫していたのだ。

そもそもキャリア形成とは何か?

近年はプログラミングがブームなのか、よく「エンジニアになって自由な働き方」とか「高収入!」と言ったものを目にするようなった。勿論それまでのキャリアでITとの関わりがある人や、或いはまだ20代中盤までの若者ならプログラミングで未経験からの一発逆転も良いかもしれない。ただし、20代後半になってプログラミングに夢を見てしまうのは、キャリア形成を大きく間違う危険性もある。
そもそもキャリアを形成するというのはどのようなものだろうか。言うなればキャリア形成とは一本の木を育てる作業のようなものだ。
まず幹となるものをしっかりと形成し、基板がしっかりと固まってきたら関連するジャンルへの枝葉を伸ばすのがベストな形成方法である。
一方、木に与えられる水(時間)には限りがあるから、二本の木を同時に育てるということは大半の人が出来ない。中には米山隆一氏のように医師と弁護士という日本の最難関クラスの資格を持った人がいるが、これは極めてバイタリティに溢れ、かつ才気にも恵まれた人であるからこそ成せる業であるため、多くの一般ビジネスパーソンには再現性がない。そのため、なんの道で生きるかという点については、一つの道に絞った方が良いだろう。

キャリア形成は25歳までが勝負

では自分のキャリアの方向性と言うのは果たしていつまでに定めれば良いのか。
基本的には25歳までに「道」は決めた方が良いだろう。大学を卒業してからだとMAX三年しか猶予がないことになるが、最悪、遅くても28歳までが猶予の効くリミットと言って良い。この年齢を過ぎてからの新規分野への方向転換は基本的に転落の人生に陥る可能性の方が高いので、職業生活をする上での業種か職種に対する大まかな方向性はこの時期までに行った方が良い。
尤も、20代後半の時点でビジネスパーソンの実力差が出始めてしまうため、キャリアを考える年齢は早いに越したことは無い。
一体どんな方向性を持って生きるのか。これを読んでいる人がまだ若い人なら薄っすらと考えた方が良いし、既に30歳を過ぎている人は、これまで築いてきた強みを振り返った上でキャリアパスを考えた方が良いだろう。

≫ Read More

職業選択   2020/02/14   センチュリー・大橋
PAGE TOP