横浜センチュリー

📰Side Beach Journal
下層ページタイトル背景

生活問題

生活問題 一覧

功罪あれど理念の為に動ける病院は市民の強い支えとなる

Youtubeでオススメに上がってきた「トラオがゆく」を見ると、つくづく徳田虎雄という人物は酔狂な人である。功罪の大きい人物であるが、酔狂な人であるからこそできた事業もある。
徳洲会病院。
日本最大の医療グループにして世界で第3位の規模を持つ医療グループは「生命(いのち)だけは平等だ」の理念のもと、救急医療に強みを持つ無くてはならない存在である。交通事故での搬送先にもなる社会に無くてはならない存在であるが、そんな理念は徳田虎雄が幼少期、病を発症した弟を診て貰えなかった悔しさがベースになっている。
徳田虎雄は遵法意識に欠けた人物であり、公職選挙法違反など「目指す医療の為には手段を厭わぬ」暴走もした功罪ある人物であるが、トータルで見れば功の部分が大きい人物である。

利権で動く医師会/理念で動く徳洲会

医師会と徳洲会というのは昭和時代には度々対立していたものであったが、コロナ対応に於いても医師会と徳洲会には大きな違いが出ている。
AERAでは東京都医師会幹部らの病院でコロナ病床の56%が未使用のままという報道がなされている。補助金を受けながら病床使用率20%を切る医院もあったということで、大騒ぎとなった。

片や徳洲会は民間病院でいち早くコロナ対応を行った病院だ。
かつて日本医師会が叩いた徳洲会はコロナ危機にいち早く対応し、医師会はコロナ患者受け入れを拒んできた。
医師会は自民党の支持母体であるが、自民党に求めたのは人の移動の制限であり、自らはコロナ病床を増やしたり、人的体制を整える気はさらさら無かったということだ。
これに対し、かつて対立してきた徳洲会がいち早くコロナ患者を受け入れ、体制強化をしていったというのは皮肉ではないか。

都会の収益で僻地医療を支える

もちろん徳洲会が何から何まで綺麗な病院というわけでは無い。
やはり保険の点数を10点でも多く稼ごうという気質はある。要は普通の病院よりは少し治療費が高くなる可能性はあるわけである。
ただ、それを一方的に批判出来るかはまた難しいところだ。
徳洲会は民間病院である。公的機関ではない。よって収益が必要なのは当然である。
だが、その民間病院が僻地医療を支えている。もともと徳洲会は「常人ならやりたがらないこと」を率先して引き受けてきた病院だ。都会で確保した収益、人材によって僻地にも最善の医療を届けられるように出来ている。徳洲会が無くなるだけで医療を受けられなくなる地域というのは、意外に多い。
JRだって東は首都圏、西は京阪神の収益が東北や山陰に至る線路の維持を支えている。
まして徳洲会独自の施策として、生活に困っている人には国民健康保険の自己負担3割部分について猶予を設け、生活資金の立替/貸与が入っている。
要は「取れる人から取る」ことによって「取れない人の医療も支えられている」のである。その良し悪しは評論しかねるが、それで助かる患者もいると言うことは確かである。

≫ 続きを読む

生活問題   2021/09/11   センチュリー・大橋

野党は国民に自党のUSPを示せ:与党批判だけでは支持は集まらぬ⓶

ところでかつて日本の政界を荒らした男として、徳田虎雄という人物がいる。
徳洲会グループの創立者として知られる徳田であるが、彼の作った医療法人は日本最大のグループとなり、世界的に見ても第3位極めて大きな医療グループだ。
トラオが行く:徳洲会病院アニメ 「トラオがゆく」というアニメを見たのだが、なぜ徳洲会が日本最大の医療グループとなったのかが良くわかる作品であった。
選挙戦も含めて遵法意識の極めて低い人であったが、ただ一つ、彼の中で絶対にブレない軸があった。
徳田虎雄は常に患者を救うことしか考えておらず、彼の意識の中では常に救急患者に追われているようなものだったのである。

徳田虎雄にはUSPがあった

恐らく徳田自身はマーケティングなど全く考えたことは無かったであろう。
しかし、徳洲会には確かにUSPがあった。

「年中無休・24時間対応できる救急外来」

多くの病院は救急医療をやりたがらないものだが、徳田虎雄は救急医療にこそ最大の強みがあった。
幼い頃に弟を病気で亡くした悔しさをバネに医師となった徳田は「生命だけは平等だ」という理念を貫き通している。
救急医療こそが徳洲会の原点であるが、1970年代はまだまだ満足に救急医療を受けられる時代では無かったのである。加えて「医者が偉過ぎた」時代でもあった。
今ですらドクターハラスメントなる言葉があるくらいに医師は「先生」としての権威が強いが、徳田は「患者と同じ目線に立つ」という、どんな患者も最も欲しくて得られなかったニーズを満たしたし、だからこそ医師会との対立も酷かった。
しかし、いくら徳洲会と医師会が対立したところで、患者(世論)の「安心して医療を受けさせてくれる」徳洲会を支持していくのは自然なことであって、世論のニーズと徳洲会の理念が噛み合って、グループは拡大したのである。

野党は徳田虎雄のグランドビジョンを見習え

徳田虎雄という人物を見て見ると、実はグランドビジョンを持っていたことは次の格言からわかる。
 小医は病を癒し
 中医は人を癒し
 大医は国を癒し
 徳洲会は 世界を癒す
徳田は政治家としては極めて暴走していたし、遵法精神には明らかに欠けていた。
だが、それでも彼の中で「患者を救うためなら何でもやる」という点では、行動は一貫していたのである。
どれだけ徳洲会が大きな医療グループとなっても徳田の理念は共有されており、コロナ禍で多くの民間病院が患者を受け入れたがらない中で、徳洲会は病床確保に努めている。
徳田虎雄は確かに遵法意識に欠けていたし、政治家としての徳田は暴走していた。同時に、確かにグランドビジョンを持ち、いつでもどこでも誰しもが最善の医療を受けられる世界を作ることに全力で駆け続けたのである。

徳田虎雄の正の側面については野党も大いに見習うべきであろう。
例えば生涯未婚率の増えていく今後の日本では、確実に身元引受人(緊急連絡先)を確保できず路頭に迷う者が出るのである。今の制度のままであれば。
価値というものは降ってくるものではない。生み出すものである。
今の野党は烏合の衆、寄せ集めの存在である。
徳田のようなグランドビジョンを持ち、国民に対するUSPを打ち出すべきだ。
「徳洲会は世界を癒す」
少なくとも徳田はこの理念の実現の為に命を懸けていた。今一度、野党は国民と同じ目線で国民の困り事と向き合い、理念集団を作る必要がある。
そこで初めてUSPを作ることができ、利権集団に負けない野党になれるであろう。

中国は何かしらのグランドデザインに基いて動いている

≫ 続きを読む

生活問題   2021/09/05   センチュリー・大橋
PAGE TOP