横浜センチュリー

📰Side Beach Journal
下層ページタイトル背景

Year 2021

Year 2021 一覧

月並みだけど一番コスパのいい健康維持の方法

佐瀬の蟹

写真:諫早市のフリー写真素材より

近々手術をすることになった。

たいした問題ではないのだが「新型コロナ第6波(?)が来る前にさくっと取っちゃいましょう」ということになった。

昨年から胃腸の調子が悪く、胃と腸の内視鏡検査をしてわかったものだ。

生命保険は健康な人が入るものだと痛感したワタシの場合

ワタシは既往病の初診日が未成年の頃である関係で生命保険に長く入ることができなかった。
いつしか「病気があっても入れる保険」ができたが、当初のそれは健常者に比べると支払う金額に見合う保障とは言い難く、加入に躊躇した。
ようやく近年「掛け捨てであってもこれなら」と思える生命保険ができ、こんな自分にも家族ができたことから入院費用が手厚い保険に昨年加入した。お手伝いいただいた保険屋さんには大変似お世話になった。
大人になった今では当たり前のことだが、生命保険とは健康な人が将来の不安に備えて入るものなのだと度々痛感させられることになった。
 

デスパレートな人たち

実際にある程度進行ガンなどの大がかりな手術や長期の休職が必要とされる疾患が発覚すると、独り身の人の中には、「そのときは延命せずに潔く」などという人もいる。
だが、人間は意外にも、そう簡単には逝けないようになっていて、多くの場合、非常に苦しむ。そして実際に高齢者の自ら命を落とす原因の多くは慢性病を理由とする苦痛が原因であることが厚労省データからも指摘されている。
 ・既に何かしらの疾患を抱えている/障がい者である
 ・独身で一人暮らしだ/シングル家庭で子どもがいる
 ・ワーキングプアだ/奨学金の負担がでかい
などの人たちにとっては、いつかは将来に備えなくてはと思いながらも、目の前の問題が差し迫っていて充分に準備ができないでいる人も多い。
日々崖っぷちの人間が大病を患った場合、どんなに意欲があってもそれが原因で一瞬にして人生詰む可能性が高い。
政治や選挙のクラスタはついつい「○○政治が悪い」と言ってしまいがちだし、実際に制度上の問題は至る所にあるのでそれはそれで間違いとはいえない。
だが国民健康保険が良い例だが、今ある制度そのものを守り抜くこともまた重要な運動といえる。
行政の助成が入った無料や低価格で受けられる特定検診やガン検診もその大切な運動の一つに加えていただきたい。

特定検診やがん検診を受けることが最もコスパがいい根拠

厚生労働省の患者調査(平成29年度)によると、悪性新生物(いわゆるガン)の平均の入院日数は約17日だ。 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/17/dl/03.pdf

同じく厚労省の医療給付実態調査によれば、自身の加入する保険の種類が、

・協会けんぽか
・組合けんぽか
・それとも国民健康保険なのか
・後期高齢者医療に該当するかどうか で、1入院あたりの費用(病気の種類を問わない)はずいぶんと違ってしまう。
※下記リンクより「調査結果の概要」を選択
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/filespage=1&layout=datalist&toukei=00450389&tstat=000001044924&cycle=0&tclass1=000001044945&tclass2=000001143146&tclass3val=0
最も費用負担の低い組合けんぽによる費用負担平均は38,169円であるのに対して、市町村国保(国民健康保険)であれば138,660円。後期高齢者医療においては450,934円もの負担がかかってしまう。 多くの生命保険会社が謳う「がん治療費平均100万円とは」高額療養費制度の適用を度外視した金額で宣伝されることが多い。 とはいえ、それでも17日間の完全なる休職と、その後も続くであろう通院、継続的にかかってくるお金、たとえば交通費などは一回にかかる費用はそれほどではないものの積み重なると大きい。 実際今回の自分がそうだったのだが、内視鏡検査で小さなポリープが見つかりその場で摘出できるものもある。摘出されたポリープを調べる顕微鏡検査の結果次第では追加治療が必要な場合もある。 ちなみに自分が入院するのはその場で摘出されたのとは別なポリープを取るために入院する予定だ。いずれにせよ。その場で取ってしまえるレベルのものなら、重たいものより追加治療の期間も負担も低く抑えられるだろう。 今回は大腸がんについて述べるが、定期健診は3年以上間を空けてしまうと進行したがんが見つかってしまう可能性も高い。人間ドッグをまるっと受けるのにはそれなりに費用もかかるが、好発年齢(疾患にかかりやすい年齢のこと)を迎える疾患を中心に、特定検診やがん検診をこまめに受けておけば、いざというときも発見が早く、様々な負担が低く抑えられるだろう。

各種国や行政の検診、ご自身の保険の検診を賢く使うべし

大事なことなので繰り返すが、条件を満たせば無料、そうでなくても補助があって安い費用で受けられる国や行政、また加入している協会or組合けんぽの検診は積極的に受けることをお勧めする。

自分から調べに行かないと教えてくれないことも多いので、ご自身の住む自治体の名称と検診のワードで検索し、自分が知らない、わからないことがあれば積極的に問い合わせてみてほしい。

特に住所が変わった場合にはクーポンやお知らせがうまく届かない場合もある。

自分を守るのは自分だけだなどといってはあまりにも切ないが、より良く生きること、それは同時に可能な限り自己の尊厳を守りながら逝くことでもあるが、そのためには、検診は必要なライフハックだ。

≫ 続きを読む

  2021/10/11   まきまき

ラムダ株の発見は、実はオリンピック開催前――柔らかい情報統制の国、日本

ラムダ株発見はひっそりと

日本人アスリートメダル獲得”という話題がSNSを賑わせている中、ひっそりと流れたこのニュースを目にしただろうか。国内初 ペルーで確認「ラムダ株」羽田空港検疫 感染確認の女性 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210806/k10013186021000.html

「厚生労働省によりますと、7月20日のペルーから羽田空港に到着した30代の女性が、検疫所の検査で新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。
その後、検体の遺伝子を解析した結果、ペルーなどで確認されている変異ウイルスの「ラムダ株」が検出されたということです。
検疫を含めた国内でラムダ株への感染が確認されたのは初めてです。」

ニュースの日付は8月6日とある。この内容からは、7月20日の空港検疫では陽性だったが、8月6日(かその前日くらいに)ラムダ株と判明したのだろうと思うのだが、中本哲史氏(調査報道記者)のこのツイートを見てほしい。

 

 

厚労省は、7月20日にラムダ株を国内で発見した事実を海外の研究機関GISAID(COVID-19データベース)へ報告したが、日本国内へはオリンピック閉会まで公表するつもりはなかったと答えたとある。更に、Daily Beast(NYの報道メディアサイト)を参照する。

「After discovering the Lambda report on the GISAID website on Wednesday, The Daily Beast approached the Ministry of Health, the NIID, and publicly requested information. The ministry initially stonewalled and then told us to wait for a call back with further information on Friday before slipping out the announcement of the case to the state broadcaster. NHK reported the news without mentioning the long, unexplained delay.」

8月4日水曜日にGISAIDのウェブサイトにて、日本でラムダ株感染者が確認された事を知ったDaily Beastは厚労省へ情報の公開を要求。
厚生省は最初は無視をした後、8月6日金曜日に詳細な連絡するので待つようDaily Beastへ指示をし、その後(発見された7月20日から17日後となる金曜に)NHKが原因不明の長い遅延には触れずに報じた。
厚労省はからは記者会見はなく、NHKへの情報提供によるもので一般への告知としたのだ。
もう一度、NHKのラムダ株発見のニュースを引用する。「国立感染症研究所によりますと、ラムダ株は去年8月にペルーで最初に報告されて以降、南米を中心に感染が広がり、WHO=世界保健機関が「注目すべき変異株」に分類しています。
一方、国立感染症研究所は「感染力やワクチンへの抵抗力が従来のウイルスより強い可能性はあるものの、データが限られている」として、現時点では「注目すべき変異株」に位置づけていません。
厚生労働省は、ラムダ株について「情報が限られているため、現時点では評価が難しい。引き続きWHOや各国政府、専門家と情報を共有しながら監視体制を強化していきたい」としています。」WHOは「注目すべき変異株」に分類しているが、日本はそうではない、情報も限られて評価が難しい、とある。この文面だと、南米ではそこそこ感染者はいるがたいした変異株ではない、と読めてしまう。どこか対岸の火事のようで緊迫感がない文にも見える。

日本での感染者がアルファ株からデルタ株に置き換わった時

日本でのコロナウィルスはすでにデルタ株に置き換わった。デルタ株は関東90%、関西60%に | 2021/8/4 - 共同通信
https://nordot.app/795579534396440576?c=39550187727945729
8月5日の記事だが文中の国立感染症研究所の発表は4日、デルタ株の感染力を考えると、ほぼ日本のコロナウイルスはデルタ株に置き換わったといってよいだろう。
ではその置き換わった基点は?
そう問われると、よほどコロナウィルスの情報を追っている人間でなければ、明確に答える事はできないのではないか。
少なくとも私は、気がついたらなし崩しにデルタ株へ置き換わっていた、という感覚だ。
更に遡って、アルファ株が発見された時を思い出せるだろうか。
不思議とアルファ株の時は覚えているのだ。記者会見を見た記憶があるし、世論も今よりも警戒していたように思う。
日本でアルファ株が主流になった頃、同じアジアのインドでは、デルタ株が猛威を振るっていた。遺体を弔う現地の写真に居たたまれない思いを感じたのは記憶しているし、いつ日本にその変異株が来るのか、とぞっとしたのも覚えている。だが、デルタ株に置き換わった境目となるとはっきりとしない。気がついたら、私の住んでいる沖縄では毎日500人以上の感染者が出ていて、そのほとんどがデルタ株に感染している状況だ。
変異株が日本で発見された事象は時間という感覚において「点」であるはずが、私の中ではそれがある時期からある時期というグラデーションの帯のように判然としない。この判然としない感覚は、アルファ株の時よりも、デルタ株の今の方が政府と報道のリアクションが小さいからではないだろうか。

ぼんやりと発表するマスコミとぼんやりと置き換わる変異株

話をラムダ株のニュースへ戻す。
厚労省は、国内でのラムダ株感染者が発見されたという情報を、オリンピック開催前には把握していたが沈黙を続け、オリンピック閉幕後に公表しようとしていた。
これはオリンピック開催への非難を回避するという政府の作為によるものであり、NHKの報道内容の”素っ気なさ”からは、余計な事は公表するなという指示すら読み取れるものだ。やんわりとした情報統制であり、都合のよい部分だけをマスコミリークで済ませて世論を形成するという意図も見える。
そして、そんな情報を受け取った一般国民は(私のように)ぼんやりと変異株が国内へ入った事のみぼんやりと受け取り――変異株が目に見えて置き換わった時に、”いつの間に”と、驚くのだ。感染力が強いと言われるラムダ株は、もしかするとデルタ株よりは重症化はしないのかもしれない。逆に、デルタの株蔓延と重なってデルタとラムダのハイブリット株が日本でできてしまうかもしれない。そんな時に、情報を出さない、または都合のよい部分だけをマスコミにリークして世論を形成するような事が起こればどうなるだろう。
「少し前はデルタ株がはやっていると思っていたのに、こんなにひどい変異体だったなんて」
大切な人を亡くした後に、そう呟く未来さえ、あり得るのではないか。

触れられない情報と、意図して流される情報――そして公式発表はマスコミから

今回、公開されるべき情報は一般には公開されず、17日後にNHKというメディアを使ってマスキングされた情報が公表された。
インターネットが普及し、海外の情報も昔よりも簡単に手に入る昨今だが、言語の壁に躓く私のような日本人は、調べれば簡単に手に入る海外の情報を積極的に入手しようとしない。そして報道の自由度67位である日本のメディアは、政権与党の意向を忖度して情報を耳障りのよいものに変換する。
煩雑な日常に追われているとそのような情報に埋没しがちだが、生命の危機が目の前にある今こそ、日本国外の情報にも目を向けていきたいものだ。

災害復興・オリンピック関連記事

≫ 続きを読む

ジャーナリズム   2021/08/09   星はふるふる

淡々とリベラル

センチュリー大橋という人物

センチュリー氏(Twitter:@CentOS_Ohashi)とは今はなき「リベラルネット戦略」のメンバーとして初めて認知した。リベ戦は自分にとっても多分彼にとってもある種の黒歴史に違いない。ワタシは積極的に関わっていたというよりはその観察者と言ったほうが正しいが、しかし苦い記憶であったことには違いない。

ワタシは政治的に自分をリベラルだと自称したことは一度もないが、センチュリー氏はリベラルだなぁと思う。彼にとっては誰が何を主張しているのか、それ自体よりは、その主張されたものが誰にとって有益なのか、そうしたことにしか興味がないのだろう。 そんなリベ戦メンバーであった大橋氏の「あまり他人に干渉しない有様」がそれなりに居心地よく、なんだかんだと今でも時々連絡を取り合っている。だが未だにオフラインで会ったことはない。本当にお互いに全く干渉しないのだ。

太地町:春の森浦湾と桜

写真:太地町のフリー写真素材

一般有権者の目線に立つこと以外興味無かった

趣味嗜好、もっといえば政治観も実は相当に違っている部分はある。
たとえばコロナ対策に関しての考え方は一部触れあうことがあっても絶対的に交わらない点もある。 だがワタシにはセンチュリー氏とは、ほぼ完全に一致する考えがあった。 氏の2021/02/25の記事 「Twitter政治がコンプレックス商売の巣窟と化している件」で指摘される、
罵詈雑言渦巻くTwitter政治界は一般有権者からは敬遠され、Twitter政治アカウント同士も「実は政治では無くて宗教の話をしている」ということに気が付かない。
という点だ。ここについてセンチュリー氏の意見と自分の意見は完全に一致する。

生活から乖離する宗教的会話としての政治

今年4月にもこの話題で会話をした。
「(Twitter政治アカウント同士は)信条によって会話してるわけじゃないんです。信仰によって会話してるんです。」 と彼は言った。
すとんと腑に落ちる表現だった。
「崇める神様が百●尚樹か枝野●男か安倍●三かと言った違いで喋ってるだけで、一般有権者の生活を考えてるわけじゃない。」
センチュリー氏のこれらの発言にワタシはこう返している。
「全くいいこと言うw」
そうした視点を持てる人というのはそう多くない。 ワタシ自身呆れ果てるばかりの人間関係の中でますます人間嫌いが加速している現状にあって、 ついに「この秋の衆院選はぜってぇ投票したくねぇ!」という気分になっている。
他人様のblogで詳細を云々はしないが、Twitter政治クラスタの実にくだらない揉め事の数々は本末転倒甚だしく、 「一体なんのための誰のための政治主張なんだい?」と思うことは2020年代に突入した現在でも日々発生している。
昔大好きだった幽☆遊☆白書で樹が言ってたなぁ。
「オレ達はもう飽きたんだ。お前らはまた別の敵を見つけ戦い続けるがいい」って。
そういうの、もううんざりだよなー。 うんざりすることは萎えることなのだが、そのうんざりする感覚は持ち続けていたい。 そうでもないとミイラになっちゃいそうだから。

政治デザイン関連記事

≫ 続きを読む

ジャーナリズム   2021/08/08   まきまき

N700Sに拘り続けた大失敗:台湾の失注は起きるべくして起きた🚄

700系ひかりレールスター

1編成186億円。現地メディアでそう報道されたのは、台湾向けに売り込んでいたN700Sの値段である。
台湾高鉄の関係者によれば入札価格は8編成で233億円であったとのことだが、いずれにしても日本国内を走るN700Sよりも遥かに高い値段で売ろうとした。
台湾の足元を見るような日本側に台湾高鉄は不信感を募らせたようだ。
Youtube動画では「インドネシアに続いて台湾にも逆上された」などという動画が配信されていたが、果たして根本的な問題を考えずに「台湾に逆上された」などと言うのはいかがなものか。
N700は日本国内だけを見れば自信作かもしれないが、国際舞台で展開しようとするなら、寧ろ失敗作なのではないか。
そもそも新幹線を世界に羽ばたかせるのにおいて、JR東海に関わらせて良いものなのかすら疑問が残る。
新幹線が世界に羽ばたくのにおいて、最も障害となっているもの、それはN700とJR東海自身なのではなかろうか。

フル規格新幹線に固執しすぎる愚

日本国内ですら現在、長崎新幹線を巡って佐賀県と国が揉めている最中である。
国としては何としてもフル規格新幹線を通したい。一方、佐賀県側は新幹線を通すことそのものを拒んでいる。整備新幹線法に基いたフル規格新幹線の開通がなされた場合、並行在来線が第三セクター化されるためだ。
第三セクター化されることにより、運賃が上がり、地元住民の利便性が損なわれるためだ。
元々、佐賀県と国の合意は「スーパー特急方式」というものでの合意だ。
日本の鉄道のレール幅は2種類あり、在来線は狭軌という狭いレール幅で、新幹線は標準軌というレール幅が設定されている。
山形新幹線や秋田新幹線は「ミニ新幹線」と言われていて、これは新幹線車輛が新幹線専用線から在来線に降りて走行するのだが、これに合わせて奥羽本線を走る在来線車輛は車輛の台車を標準機のものへ交換する、三線軌条にして在来線車輛と新幹線車輛の両方を走れるようにするなどと言ったことで対応した。
ただ、スーパー特急方式はこうしたものではなく、どちらかと言えばかつて北越急行で走っていた特急はくたか号の方がスーパー特急のイメージに近い。
既存のレールを生かす、改良するなどして高速化を図っていくものだ。繰り返すと、佐賀県が当初承諾していた方式はスーパー特急方式であって、新幹線方式ではない。
なお、ドイツでもフル規格新幹線に相当する高速新線の建設は進んでいるが、並行在来線は引き続き国鉄が管理し、一定のサービスは維持される。佐賀県が了承した当初の合意では、並行在来線問題そのものが無いも同然な状態で合意しているのだが、せめてフル規格新幹線を通すなら並行在来線の利便性も考えなければならないのだが。どうにも「フル規格新幹線を通すことだけ」しか国は考えていないように思われる。

東京ー名古屋で15年間に200億円稼げるか

さて、台湾新幹線の話に戻そう。
台湾新幹線は現地報道ではN700Sベースを1編成186円で売りつけられたということになっている。
実際には8編成で233億円が正しい数字であったとしても、国内向けのN700Sと比べて高すぎることに変わりはない。
だが、根本的な問題として「台湾でN700Sベースの車輛が必要なのか」という問題にぶち当たる。
そもそも台北ー高雄間の距離は約355Kmしかない。日本で言えば、東京ー名古屋間の距離で、ほぼ国土の端から端まで行けてしまうという環境にある。台湾からすれば「現行の700Tで充分」なのだ。
だから台湾側の要望としては「700Tがまだ走れるんだから700Tの部品頂戴よ」ということになる。新車購入なんて初めからしたくなかったのだ。
ところが日本側の言い訳として「700系(700Tのベース車両)のパーツもう無くなっちゃったんだよね。だから新車買ってね。」ということである。
その日本では山陽新幹線で700系ひかりレールスターが走っているので、傍から見れば整備する技術自体は残っているはずである。それなのに「新車買えとはどういうことだ!」と言いたくもなるだろう。
その新車、現地で『1編成186億円』などと報道されれば「台湾に新幹線なんか要らない!」という世論だって起きようもの。
現在の新幹線は車両の寿命が15年程度しかない。1編成200億円を東京ー名古屋間の走行で15年かけて取り戻すことができるだろうか?
厳しいということは想像できるのではないだろうか。
繰り返すと、台湾にN700Sが必要であったのか。ここからして既に色々と間違いがあったのではないか。
東京ー名古屋程度の距離を往復するのにN700Sを押し売る必要性が感じられない。台湾の鉄道網は網目状ではないようなので、E3系やE6系のような在来線に車輛がベストでは無さそうであるが、製造費用を考えればE7/W7系ベースで良かったのではないか(製造費用は120両で328億円)?
E7系とN700Sでは1両辺りの価格が1億円近く差がある上、E7系ならパーツを供給できるのだから、保守性にも問題はない。北陸新幹線を延伸するならE7/W7系の製造は当面続くであろうから、台湾にもそれなりの価格で提示できたであろう。尤も、中国への新幹線輸出を巡って、川崎重工はJR東海の葛西敬之の逆鱗に触れたこともあり、葛西の意向としては川崎重工は入れたくなかったのかもしれない。
ともあれ、台湾新幹線の失注は起きるべくして起きたものであり、日本の新幹線史に影を落とす事態とも言えるだろう。

≫ 続きを読む

ジャーナリズム   2021/02/06   センチュリー・大橋
PAGE TOP