横浜センチュリー

📰Side Beach Journal
下層ページタイトル背景

ステーションメモリーズNEWS

DESCRIPTION

スマートフォンゲーム:ステーションメモリーズについての記事を掲載していきます。
 

<-特急列車の車窓から->885系:白いかもめで行く長崎

かつて田中角栄は日本中に新幹線を通すことによって、日本全体を発展させようという国土改造論を持っていた。
上越新幹線は角栄のおかげで通ったものだが、時は経ち、中曽根改革によって整備新幹線には大きな闇の顔を持つようになった。
国鉄民営化。
国有鉄道であったものがJRへと民営化され、整備新幹線には「並行在来線」という問題が生まれるようになったのだ。
そして、その新幹線建設を巡り、大きく揉めている区間がある。
長崎新幹線。
2022年の秋から長崎ー武雄温泉間で暫定開業するのだが、全区間開通するには佐賀県が了承しないと通せない。だが、佐賀県は新鳥栖ー武雄温泉間の開通には否定的である。住民の利便性が損なわれるためだ。そして、特急かもめ号もまた、2022年を持って「リレーかもめ」と「新幹線かもめ」となり、在来線特急としての役目は終えることなる。

台風14号の為に乗変

当初の計画では、のぞみ125号に乗って博多駅で特急かもめ21号へ乗り継ぐ筈だった。
それが一転したのは台風14号:チャン・スーによるものである。
9月の16日、チャン・スーは進路を日本列島横断する決意をしたようで、17日には福岡を直撃、山陽新幹線は福岡ー広島間が運休となった。
私は18日に新横浜を出発する気でいたのだが、困ったことにチャンが関東にお越しになられるのは19日の予定となっていたのだ。
こと私は決断に迫られた。
17日に業務終了後、真っ直ぐ広島へ特攻するのか、それとも予定通りに新横浜発に賭けるのか。
確実を取るか確率を取るかで決断に迫られ、確実を取れば追加費用(主に翌朝の特急券)が発生し、確率を取れば長崎へは20日まで辿り着けない恐れがあった。
台風が広島を通過するのは18日の0時予定であった。

新横浜駅で乗車変更できる便には、のぞみ105号と109号が存在したが、のぞみ105号は生憎通路側しか空いておらず、窓際は座れない。
夜だから景観のことなど期待しなくて良いのだが、109号…つまり広島行きの終電に乗って行くこととなった。
残念ながら広島へ先に着いたのは台風の方であり、岡山で他の乗客の緊急災害速報音がピロリロピロリロ鳴ったのだが、新幹線は突貫を続け、時間通りに広島駅へ着いた。
悲しいことに翌日の東海道新幹線は「予定通りに運行」し、こだま775号に乗るための追加料金の払い損となってしまったのだが、確実な旅行遂行のための出費と割り切るしかあるまい。
そこで特急かもめ号の乗車時間も早めることを決断し、行きは博多7:53発の7号に乗ることとなった訳である。

新幹線が出来るのが勿体ない海景色

白いかもめ:885系特急電車885系特急列車は有難いことにグリーン車には電源用コンセントが存在する。
ただし、テーブルがショボイ。間違っても弁当は広げられたものではない。
しかし、席間距離はかなりあり、新幹線より断然快適だ。
だが、悲しいかな、特急かもめ号は空席がかなり多く、博多直通でその状態なのだから、リレー方式とは言え乗換えが発生する上に料金まで高くなるわでは、新幹線は空気輸送になるのではなかろうか。

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
  2021/09/22   センチュリー・大橋

[フリー写真]ワイドビュー南紀の車窓から❷

特急ワイドビュー南紀は名古屋ー紀伊勝浦間を4時間かけて繋ぐ特急列車。
路線の大半が電化されていないため、ディーゼル列車で終点まで行く。
このページではD席(山側)の写真を掲載。
フリー素材としてご自由にお使いください。

SO-04Eで撮影

三重県中部(紀勢本線区間)
三重県中部(紀勢本線区間)
三重県中部(紀勢本線区間)
三重県中部(紀勢本線区間)

SO-03Jで撮影

熊野川越え
熊野川越え
三重県南部(紀勢本線区間)
三重県南部(紀勢本線区間)
三重県南部(紀勢本線区間)
三重県南部(紀勢本線区間)

コンプライアンス関連

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
  2021/04/05   センチュリー・大橋

[フリー写真]ワイドビュー南紀の車窓から❶

特急ワイドビュー南紀は名古屋ー紀伊勝浦間を4時間かけて繋ぐ特急列車。
路線の大半が電化されていないため、ディーゼル列車で終点まで行く。
このページではD席(山側)の写真を掲載。
フリー素材としてご自由にお使いください。
 

三重県北部(関西本線区間)
三重県北部(関西本線区間)
三重県中部(紀勢本線区間)
三重県中部(紀勢本線区間)
三重県中部(紀勢本線区間)
三重県中部(紀勢本線区間)
三重県中部(紀勢本線区間)
三重県中部(紀勢本線区間)
三重県中部(紀勢本線区間)
三重県中部(紀勢本線区間)

コンプライアンス関連

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
車窓写真   2021/04/05   センチュリー・大橋

しくじりのワイドビュー:後悔先に立たぬ座るD席❶

「なんで私は富士山を見ているんだ?」
そう気付いた時には遅かった。何事も思い込みは失態の元である。
特急くろしお号でA席に座り、ひたすら山ばかり見る車窓を過ごした私は、ワイドビュー南紀もA席が山側だと信じて疑わなかった。えきねっとを通して買ったワイドビューの指定席はA席であり、D席は山側になるとタカを括っていたのだ。
しかし、行きの東海道新幹線はE席であり、富士山を眺めている自分にふと違和感を覚えた。
「これは南紀の海側はA席だったんじゃ・・・」
そう思ってネットを調べるものの後の祭りである。なぜなら自信満々でD席を確保してしまった自分を恨むこととなった・・・。

こだま701号で行く意味のない旅

えきねっとで指定席を確保するのにあたり、ワイドビュー南紀は乗継割を使って乗る必要があった。
どうせなら意味のない旅をしてみたいと思い、前夜泊で小田原に泊まり込んで乗ったのが、こだま701号名古屋行き。途中、沢山ののぞみに追い越される敗北感を味わいながら、名古屋までゆっくり各駅の旅をすることができる。
だんだんと長距離特急が減っていく昨今、ワイドビュー南紀は名古屋から紀伊勝浦まで、実に4時間かけて走っていく。
JR東海は近鉄と張り合う気が無いのか、関西本線はいきなり単線であるし、津駅までなら確実に近鉄の方が速くて安い。その上、津駅から先の紀勢本線でもこれまた単線が続くため、ワイドビュー南紀は走行距離の割に時間が掛かるのだ。しかも紀勢本線の亀山ー新宮間は電化すらされていないため、ワイドビュー南紀は本州では珍しい気動車特急なのである。
ただでさえワイドビュー南紀で紀伊勝浦まで時間が掛かるのに、新幹線も時間の掛かる、こだまで時間をかけて行きたくなるのだから酔狂ではある。それでも特急券のコレクションもかねて、こだま701号で名古屋に行くことにしたのだが、その途中でワイドビュー南紀でも山を見ながら走ると知り、肩を落とすこととなった。

ToicaやSuicaを使って伊勢鉄道の洗礼を受ける乗客達

最近は交通系電子マネーの使用可能駅も拡大したのか、特急乗車時にSuicaやToikaを使って乗車する客も見受けられる。普通の特急ならそれでも良いのかもしれないが、実はワイドビュー南紀には大きな落とし穴がある。それは伊勢鉄道だ。
ワイドビュー南紀は四日市までを関西本線で走るが、四日市から津までをJR線ではなく、伊勢鉄道という第三セクターの線路を借りて走るのだ。ここで一杯食わされる人が出るのが、ワイドビュー南紀のお決まりなイベントのようだ。
通常、みどりの窓口やインターネット予約の指定席券を使う場合、乗車券は伊勢鉄道を通ることを考慮した運賃になっている。ところがToicaで乗ってしまった場合、伊勢鉄道ではToicaを使えないため、ここで運賃精算をすることになってしまうのだ。よって目の前でお客が車掌から運賃を精算される光景を目にすることになった。
尤も、そのお蔭か伊勢鉄道は快速みえ、南紀などの線路使用料で黒字となっている路線であり、運行本数の少ない南紀をして、なかなかの収益があるようである。
D席に座ると終始山側であるが、三瀬谷までで降りるのであれば、山側も良いのかもしれない。名古屋から桑名は近鉄と並行するし、A席で熊野灘を楽しめるようになるのは紀伊長島からだからだ。尤も、三瀬谷で降りる人など殆どいないし、乗客の少ない特急南紀でわざわざD席を取る意義というのは、殆ど無いのだが・・・。ワイドビュー南紀:紀伊勝浦駅停車
ワイドビュー南紀は桑名から鵜殿まで三重県の中を走るが、この三重県は本当に長い新宮に着いてようやく和歌山県。多気から三瀬谷までは標高を上げながら紀伊山地を突き進み、紀伊長島で熊野灘がその姿を現す。その光景は桑名と同じ三重県とは到底思えず、熱海と浜松での雰囲気の落差が大きいように、三重県もまた、南北による雰囲気の落差は激しいものがある。
尾鷲から先は少しずつ降りる客もおり、新宮に着くと大半の乗客が下車していく。紀伊勝浦まで行くお客はわずか。スマホゲームの課題である那智駅での位置登録を終え、紀伊勝浦に着く。しかしなんと勝浦まで乗る乗客の少ないことであろうか。くろしおに乗り継ぐなら新宮の方が便利ではあろうし、拠点となる宿も新宮が多いことを見れば、当然なのかもしれない。ともあれ、紀伊勝浦駅でスマホゲームの課題をクリアすることにし、太地町へ向かうことにしたのである。

フリー写真素材

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
特急列車の車窓から   2021/04/01   センチュリー・大橋

しくじりのワイドビュー:後悔先に立たぬ座るD席❷

思い込みというのはミスの元であり、それは仕事だけでなく旅行にも言えることである。
新宮を出てから名古屋まで、実に3時間を三重県で走行していくワイドビュー南紀。行きで南紀勝浦まで行くのみにあらず、帰りに名古屋まで行く特急券すらD席を確保してしまったことに、再び暗澹たる気持ちを抱えて南紀に乗車するのであった・・・。

失態を胸に南紀勝浦を後にする

ワイドビュー南紀:紀伊勝浦停車日本がIWCを脱退したのは2016年のことだ。その是非を考えるため、太地町に行き、ドルフィンリゾートにも立ち寄り、実に有意義な旅であったとは思っている。しかし、それでもやっぱり最後に待ち受けているのは帰宅であり、そしてD席を取ってしまったという<現実>である。
「いったい何故D席を確保してしまったのか…」
と言っては悔やみきれず、かと言って指定変更もしていなかったため、帰りもそのままD席に乗車となる。
なかなかに億劫な帰りではあるが、名古屋までの3時間50分の旅を精一杯楽しむこととしたい。
12:23発の特急南紀6号。コロナ禍ということもあってか、行きと同様に客の少ない南紀だが、いよいよ名古屋に向けて出発することになるのだった。

山側に座っているのが自分しかいない悲しみ

ワイドビュー南紀は割と直ぐに和歌山県を出る。そもそも和歌山県下の駅が紀伊勝浦と新宮しかないし、もっと言えば愛知県の停車駅は名古屋のみである。それ以外は全て三重県であり、実に三重県を3時間半も走っているということだ。
新宮から熊野川を渡ればすぐ三重県であり、ここから長い長い時間をかけて、桑名までの三重県を走ることとなる。
前日の大雨もあって川は増水し、濁ったものになっていた。
新宮を出てもA席なら熊野灘を幾分か堪能することはできるのだが、D席はなかなかそうも行かない。途中、熊野市や尾鷲でも人は乗っては来るが、紀伊長島を過ぎてザッと車内を見渡してみると、D席に座っているのが私しかおらんのである。これがリサーチせずにD席を取ってしまったことに、更に追い打ちをかけた。これは悔やんでも悔やみきれるものでは無い。
D席の見どころスポットというのは、紀伊長島から先の、山脈区間になってからだ。
紀伊長島から多気までの間、長い長い紀伊山地越えが待っている。
紀伊長島を過ぎてすぐ、Ωカーブを曲がり、梅ケ谷までの間で一気に標高が上がるのだ。
紀伊長島駅から隣の梅ケ谷駅はなんと190mもの高さを登ることになるのだ。梅ケ谷駅手前からは下界を見る場面が一瞬ある。その光景は「こんな高いところに登ったのか」と圧巻だ。
その後は多気まで紀伊山地を縫うようにして突き進む。山側の席を取ってしまった場合、途中の三瀬谷ダムが一番の見どころだろう。一瞬の光景でしかないのだが。あとは途中途中で桜を楽しみながら、多気を過ぎると平地を走っていく。松阪過ぎれば近鉄も並走し、伊勢鉄道区間では一旦独走するものの、四日市で再び近鉄に合流する。もちろん近鉄の方が速いのは言うまでもなく、単線であるJRはワイドビューが特急と言っても近鉄急行程度の速さしかない。思えばワイドビューは島風に抜かれ、火の鳥に抜かれ、多気から南側でようやく特急らしい「誰にも抜かれない列車」になれる。尤も単線なので抜かれようも無いのだが。
キハ85で運行されるのも残り僅かと言われるワイドビュー南紀。行き帰り共にD席を取ってしまったことを悔やみつつ、次に勝浦へ行く時はA席を確保することを誓い、名古屋から新幹線ひかりで小田原へ帰るのであった。

フリー写真素材

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
特急列車の車窓から   2021/04/01   センチュリー・大橋
PAGE TOP