横浜センチュリー

📰Side Beach Journal
  • トップページ
  • 「そりゃ支持されるわ」:400年も昔に民主政治を目指した男たち❷
下層ページタイトル背景

新着情報詳細

「そりゃ支持されるわ」:400年も昔に民主政治を目指した男たち❷

Ujiyasu Hojo.jpg

後北条氏の善政は主に税制改革が筆頭に来るが、実は後北条氏には見逃せない、もう一つの改革がある。
それが領民主権の考え方だ。
いや、実際の統治としては武士が直接統治をしていたことは確かである。あくまで時代としては封建制なので、建前上主権を持っているのは君主であることは疑いようもない。
ただし、後北条氏に至っては、早雲の時代から既に、民主主義的な気質が芽生えていたことが大きく進んでいた。その民主主義的な気質は北条五代の中で、代を経るごとに強くなっているのだ。

小さく始まった国民主権の考え

小さな頃に読んだ『学習まんが物語:北条早雲/毛利元就』のあとがきで読んだ内容だが、早雲はこれから攻めようという土地に侵入して、現地住民に「どんな領主が来て欲しい?」みたいなことをヒアリングしていたという。今風に言えばマーケティングをしていた早雲であるが、これは同時に早雲の中で『領民主権/民主主義』的な概念を持っていたということでもある。伊豆攻略時も病気に掛かっていた住民や老人は置き去りにされたが、そんな置き去りにされた者たちに薬を持って看護させるなど、早雲の時点で既に社会保障の概念が芽生え始めていたことも注目すべきポイントだ。

後北条氏の政治理念は虎の印章に掛かれた「祿壽應穩」に込められている。
これは「禄(財産)と寿(生命)は応(まさ)に穏やかなるべし、領民全ての禄を寿を北条氏が守っていく」という理念で、更に氏綱遺訓には今日の日本国憲法25条に通ずるような、基本的人権に近い思想が込められている。

侍中より地下人、百姓等に至迄、何も不便に可被存候。惣別、人に捨りたる者はこれなく候。器量、骨格、弁舌、才覚人にすくれて、然も又、道に達し、あつはれ能侍と見る処、思ひの外、武勇無調法之者あり。又、何事も不案内にて、人のゆるしたるうつけ者に、於武道者剛強の働する者、必ある事也。たとひ片輪なる者なり共、用ひ様にて重宝になる事多けれは、其外は、すたりたる者は一人もあるましき也。その者の役に立処を召遣、役にたゝさるうつけ者よと、見かきりはて候事は、大将の心には浅ましくせはき心なり。

これは人の使い方に関する言葉で、要約すると「人材を活かせないのは大将の責任だよ。一見役に立たなそうな人でも見限るのは浅ましいことだね。」というものなのだが、前半部分に書いてあることとして「侍から身分の低い人、農民の誰もが生活に不便を感じるようにしてはいけないよ。人に捨てる者はいないし、障碍者でも使い方によっては重宝するから大切にしないと駄目だよ」ということが説かれている。
これは日本国憲法の基本的人権にも通ずる考え方と言えるだろう。では現行憲法25条の条文を見てみよう。

第二十五条

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
日本国憲法では『健康で文化的な最低限度』の生活をする権利を保証している。不便で最低限度の生活とは異なるものであるということを認識しておいた方が良い。氏綱の遺訓でも「誰もが不便な生活をしないようにしなければいけない」と言っているのであるから、この封建制時代に民主的で近代的な憲法に近しい考え方を後北条氏が持っていたことは興味深いと言えるだろう。

時代を先取りしすぎた社会民主主義

小田原評定は大切なことを決められない揶揄として使われることわざのようだが、元を見れば今日の県議会議員のような役職を立て、議論によって政策を決めるという議会政治の先駆けと呼べるようなものである。つまり滅亡に当たってのプロセスが民主的に決められたというのが小田原評定の本質だということだ。
こうして後北条氏を見ていくと、彼らの目指した究極のゴール地点は社会民主主義的なものになってくる。
社会民主主義というのは政策の決定を民主的なプロセスを決め、大きな政府を維持して格差を無くしていくための政治思想である。
2019年現在はアメリカのバーニー・サンダースが一定の勢力を持っているが、それは400年以上も前に小田原で、後北条氏が先駆け的なものを作っていた。
それはまるで時代を先取りしすぎた社民主義とも言える。
後からやってきた家康にとって、これはさぞやり辛いことだったであろう。彼にとって北条五代の支持率が高かったからだ。
果たして後北条氏が今の日本の姿を見たら、どう思うのか。
この激動の時代、時間のある人には小田原に足を運んで欲しいものである。
400年前の小田原で民衆のための政治を行おうとした武将がいることに思いを馳せていただき、日本人自身の手で主権が放棄され、暗黒の時代に戻らないことを切に祈るばかりである。
  2019/08/13   センチュリー・大橋
PAGE TOP